2016年03月05日

ホーチミンから陸路で国境を越え、シェムリアップへ行ってみた!Vo.1 〜国境を越えてプノンペンへ 

みなさま!
シンチャオでございます。
最近ベトナム人と間違われ、「日本語がお上手ですね」と
よく言われるスタッフNです( ´・ω・)ノ

こんにちは。
今日もホーチミンは暑いです。

さて今回は学生さん必見です!
ホーチミン〜シェムリアップ間のバス移動の様子を紹介します。
移動時間はなんと13時間!!
陸路で国境を越えたりと、イベントが満載!
そんな移動の様子を紹介していきます。

今回利用するバス会社「Mekong Express Bus」の前に集合します。
バスの出発時間は7:00です。
集合場所: 集合場所:275F Pham Ngu Lao(Mekong Express Busオフィス)
集合時間: 06:30




Mekong Express (12).jpg

バスに乗る前にバスの下に入れる荷物を預けますが、きちんとシェムリアップまで行くことを伝えます。
中間地点のプノンペンでバスがチェンジとなるので、
その関係で、預け荷物にはプノンペンまでのタグ(赤)、と
シェムリアップまでのタグ(オレンジ)のどちらかが付けられることになります。
自分の荷物に付けられたタグがオレンジ色なのを確認してから、乗車します。

Mekong Express (14).jpg

バスの外では、9月23日公園で朝から運動する現地人たちの姿が見れます。
ベトナム人は朝から元気だなー

Mekong Express (15).jpg

バス乗り場の前に必ずいるシャボン玉しか売ってないおじさん
売れているかどうかは知りません。。。。
おじさん、頑張れ!

7:00頃

乗客がそろったタイミングで、定刻通りにバスは出発します。
500mlの水1本と菓子パンが2つはいった箱を渡されます。
とりあえず、このバスで首都のプノンペンまで向かいます。

Mekong Express (1).jpg

カスタードクリームが入ったパンと、ピザトーストが入っていました。
朝食抜きでの出発でしたが、もらった水とこのパンだけでも昼ごろまではもちました!
ホーチミンから国境の町モクバイまでは2時間半ほどで着きます。

Mekong Express (7).jpg

何かと騒がしいホーチミンを抜けると、
そこはベトナムの田園地帯です。

そしてカンボジアVISAに関してです。

パスポートとカンボジアのVISA代$35をバススタッフに渡します。
その後、カンボジアのイミグレーションに必要な申請書を渡されるので
ペンがない場合はスタッフに借りて記入します。
(*カンボジアVISA代は通常$30ですが、バス移動の際は手数料として+$5がかかります。)

Mekong Express (11).jpg

9:30 頃

大体2時間半ほどかかって、カンボジアとの国境である街モックバイ(ベトナム側)/
バベット(カンボジア側)に到着します。

大きく分けて2回作業があります。

・ベトナム側

バスを降り、施設内のイミグレーションまで向かいます。
バススタッフがイミグレーションにて、乗客のパスポートを
イミグレーションのスタッフに渡しているので、自分の名前が呼ばれるのを待ちます。

Mekong Express (8).jpg

Mekong Express (9).jpg

自分の名前が呼ばれたら、パスポートを受け取りそのまま前に進みます。
施設の外にでる前に、警備員がいますので、パスポートを渡して確認してもらいます。
外に出たら、バスに戻ります。バスに乗る前にバススタッフに再びパスポートをお渡します。
その後カンボジア側のイミグレーションを超えるための説明を受けます。

(*ベトナムとカンボジアの国境を歩いて渡りたいという人は要注意。
通常はバスにのっている時に超えます。どうしても…という場合はバスに乗る前にきちんとバススタッフに確認しましょう。)


・カンボジア側

カンボジア側のイミグレーションでは主に、指紋や顔写真を取られます。
施設内に入ったら、バススタッフから書類とパスポートを受け取り、順番に前へと進みます。
英語で指示を受けるのでそのまま従ってください。
再び外にでるので、再度バスへ戻りましょう。

そしてめでたくカンボジアに入国です!!

Mekong Express (13).jpg

10:40頃 休憩所にて20分ほど、トイレ休憩を致します。

Mekong Express (6).jpg

レバニラ炒め $2!
味は。。。。
むむむ。。。。

そして、12:30
ついに!!

Mekong Express (16).jpg

ついに見えました!つばさ橋!!!!!!!!

2004年のプロジェクト開始から、10年かかりようやく完成いたしました。
建設の最中には不発弾による爆発事故が生じたりなど、
様々な紆余曲折があったみたいですが、
これまで使用されていたフェリーにかわりメコン川の人々の生活をより便利に、
そして国内外の物流をより活発にし、経済的にも大きく良い影響をあたえることになるでしょう。
これでホーチミン〜プノンペン〜バンコクが1本の道となりました。
今後の東南アジア経済に大きく影響を及ぼしそうですね!

Mekong Express (5).jpg

Mekong Express (4).jpg

対岸まで橋をわたるのにかかった時間は何と10分ほど。
以前まではフェリーを使っていたので、大幅な時間短縮です!

Mekong Express (2).jpg

Mekong Express (3).jpg

以前まではバスを船に乗せて対岸まで移動をしていました。
そんなイベントを経て。。。


13:30 頃 プノンペンへに到着

今回はシェムリアップまで向かいますので、僕にとっては中間地点になるわけですが、
Mekong Express のプノンペンオフィスはカフェや軽食が食べられたりして、
中々充実しておりました。

Mekong Express (10).jpg

預けたバスの荷物はスタッフがきちんとシェムリアップ行きのバスに積んでくれるので、
わざわざ取りに行く必要はないです。

そして少しの休憩を終えて、次はシェムリアップまで移動です!
その様子は次回で!
乞うご期待を!

最近は航空券もエクスペディア使ってます。
Expedia


↓にほんブログ村ランキング参加中★
 1日1ポチっと協力お願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
!!ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
  http://www.tnkjapan.com/

※詳細・お申し込みはこちら
【ホーチミン1番人気ツアー★メコンデルタ日帰りツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn001_mekong
メコンデルタツアー解散時には集合写真も撮影してます→→→笑顔系で
【ベトナム戦争を知るなら☆クチトンネル半日ツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn012_cuchi_half
【サイゴン川でゆったりディナークルーズ送迎付き】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn061_dinner_cruise
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
ベトナム・ハノイ情報はこちらから
http://ameblo.jp/aptjapanhn5
ベトナム・中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報はこちらから
http://tnkhoian.seesaa.net
カンボジア・シェムリアップ情報はこちらから
http://tnkjapanangkor.hatenablog.com
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


posted by TNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 10:40 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。