2016年05月22日

ダーカウの後は巷でブームの‥‥?

しんちゃお!


最近、オフィス近くにあるビリヤード場にみんなと赴いてるこたです!
ベトナムのビリヤード場はうまい人が多くてびっくりしてます。
スピンはもとよりトリックショットまでできちゃったり、、
ガイドさんといったときもみなさん上手でした!
その時はペアを組んでやっていたので自分の番はとんでもないプレッシャーでした笑



ビリヤード場はいつ行ってもすごく賑やかで
ベトナムでも人気の球技なんですよ!




ベトナムで人気の球技といえば「ダーカウ」ですよ!!(唐突)





ベトナムでは公園等の各所で円になって
重りのついたバドミントンの羽根のようなものを
地面に落とさないように蹴り合っている
という光景がよく見られます。

一度ベトナムに来られた方のなかには
見た事があるという方も多いのではないでしょうか?

これが「ダーカウ」と呼ばれる競技で
ベトナムでとても人気があります!



unnamed.jpg



こちらがダーカウです。

ダーカウの発祥は、実は中国と言われています。
その歴史は意外と古く、紀元前5世紀頃から
楽しまれていた伝統的なものです。
ダーカウとはベトナム語の呼び名で
(ベトナム語では「ダーカウ(đá cầu)」と呼ばれてます。)

「ダー」は「蹴る」「カウ」は「毬」を意味するので、
世界共通ですとシャトルコック(shuttlecock)と
呼ばれています。
ちなみに、発祥の地中国ではチェンズ(Jianzi)
と呼ばれています。

※主なルール
11.88m×6.10mのコートにネットを挟んで行います。
わかりやすく言うと、足で行うバドミントンです。
プレイヤーの人数は、
シングルス、ダブルス、トリプルの三種類

3セットマッチで、2セット先取の勝利
1セット21点先取でデュースは25点まで
(3セット目は15点先取でデュースは17点まで。)
シングルスの場合、
2回以内で相手に返さなくてはならない。
ダブルス、トリプルの場合は、4回以内。
そのうち1人が触れるのは2回以内。
以上のようなルールをもとに行われます。

http://vietnam-navi.info/article/da-cauさんより引用

足の甲で蹴ったり、足の裏で蹴ったりと
トリッキーな技が多く、一筋縄ではいかないです。
サッカーがうまくても、
ダーカウはうまくできないかもしれないです。

実際やってみると意外に難しいです。。

ガイドさん曰く、小学生の頃から学校でダーカウで遊ぶので
ベトナム人でできない人はそうそういないそうです!



unnamed(1).jpg

苦戦しながらもダーカウを捕らえるのを捉えた一枚(通りでやっていますが危険なので公園でどうぞ)





公園で行われているのは、
競技と言うより遊戯なので参加したい方は

「入れて!」という感じでいけば
笑顔でうけいれてくれますよ!
実際、旅行者で参加している方も良く見かけます。


広めの場所さえあればできるのがダーカウの利点です。
日本でも通販サイトで羽根が買うことができるので
「ダーカウ」ぜひいかがですか?


ただ、ダーカウは値段が高い方がやり易いみたいで
これまたガイドさん曰く
「こんな安物じゃうまくできないよ!」
とのことでした。(僕が持っているのは一番安い10,000vnd(約50円)のダーカウなので‥‥)

なのでちょっと高めのものをかった方が上達は早いかもしれないですね。







そして運動した後はお待ちかねのご飯です!

image2.JPG

タコスを食べに行って
味も美味でボリューム満点!
トリップアドバイザー5位の名は伊達ではなかったです!

ちゃんみお先輩もタコスの記事あげてたのでブームきてるのかもしれませんね(タイトル回収)
こちらその記事です⇒http://tnktraveljapan.seesaa.net/article/438082090.html


弊社オフィスから歩いていけるところにあるので、
気になった方はぜひお立ち寄りの際にスタッフにお気軽にお問い合わせください!


それではへんがっぷらい!!

↓にほんブログ村ランキング参加中★
 1日1ポチっと協力お願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
!!ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
  http://www.tnkjapan.com/

※詳細・お申し込みはこちら
【ホーチミン1番人気ツアー★メコンデルタ日帰りツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn001_mekong
メコンデルタツアー解散時には集合写真も撮影してます→→→笑顔系で
【ベトナム戦争を知るなら☆クチトンネル半日ツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn012_cuchi_half
【サイゴン川でゆったりディナークルーズ送迎付き】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn061_dinner_cruise
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
ベトナム・ハノイ情報はこちらから
http://ameblo.jp/aptjapanhn5
ベトナム・中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報はこちらから
http://tnkhoian.seesaa.net
カンボジア・シェムリアップ情報はこちらから
http://tnkjapanangkor.hatenablog.com
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


posted by TNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 19:56 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。