2017年09月22日

【ホーチミン編】ベトナム旅行中に体調が悪くなったら。。日本語対応の病院紹介

しんちゃお(・∀・)
TNKトラベルJAPANホーチミン支店の久保です。
IMG_0516.JPG
ホーチミンに来て2週間、早くも体調を崩してしまいました。
ヤナギー先輩が持ってきた風邪が社内で拡散されており、被害者続出中です。
久保はまだ軽く喉が痛いくらいでしたが、周りに移してもよくないってことで病院に行ってきました。

海外生活は何度か経験しているのですが、海外で病院にかかるは人生初でドキドキ。
ちゃんと海外旅行保険にも入っているのでお金に関しては心配せずにいけました。
毎度まいど保険には入るのですが、使ったこと無いのでどんな感じで対応してもらえるのかも確認してきましたよ。

それでは、ホーチミンにある日本語も対応しているファミリーメディカル病院をご紹介します。
IMG_0517.JPG
場所は市内中心部、サイゴン大教会のすぐ近くにあるダイアモンドプラザというデパートに併設しています。
教会側からダイアモンドプラザに入り、裏側に抜けて右に進むと下の写真のようなエントランスがあります。
IMG_0520.JPG
院内は撮影禁止だったのでここからは文字でお伝えします。

入ると受付があり、「じ、ジャパニーズ…」みたいなことを言っていると、日本語ができるスタッフを呼んでくれます。
久保は英語もできますが、あえて分からない体で行きました。
病院には迷惑をおかけしましたm(_ _)m

風邪っぽくて喉が痛いということを伝えて、まずはパスポートと保険証の提出。
どちらともコピーをとってすぐ返してくれます。

そして初診だったので、とりあえずこれ書いてとこんな紙をもらいました。
IMG_0521.JPG
名前や生年月日、現地での住所などを書き込みます。

用紙を記入したら呼ぶから待っててと言われ、受付の目の前の待機用のエリアで待ちます。
待機エリアには気の利いたことに日本語のベトナム情報雑誌なども置いてあり、待ち時間はそこまで感じませんでした。

10分ほどで名前が呼ばれ診察室がある2階に行き、とりあえず血圧を測ってもらいました。
そこからまたしばし待機。2階の待機エリアには日本語の小説があったので、暇つぶしに読んでました。
フリーWifiもあったので、ネットも普通に使えました。

また10分ほどしたら、スペイン人と思われる先生に呼ばれ問診を受けました。
この時も日本人スタッフが通訳をしてくれるので、細かい症状なども伝えることができます。
日本と同じ要領で心音を聞かれたり、口の中を覗かれたりしました。

おそらく大事ではないでしょうってことでしたが、一応インフルエンザなどにかかってないか調べてくれました。
その調べ方なのですが、粘膜を取るために鼻と口に細長い綿棒みたいなのを突っ込まれました。。

これは初体験( ゚Д゚)
「んっ!」ってなって「おえっ!」ってなりました。
涙目必至です。

そんなこんなで20分ほどで検査結果が出て、インフルなどの感染はなしとのこと。
処方するお薬の説明を受けて、2日間は安静にしててねと言われました。

最後にまた1階に降りて、処方箋デスクでお薬をもらい、旅行保険の用紙を記入しておしまい。
完全にキャッシュレスですべての手続きが終了。
保険って素晴らしいですね(*'ω'*)

IMG_0525.JPG
上が今回処方してもらったお薬たちです。
喉の痛みを訴えていたので、トローチ的なやつと喉ヌール的なやつをもらいました。

久保は風邪で行きましたが、その他の症状でも基本は同じような流れになるかと思います。
今回ご紹介したのはホーチミン1区にあるクリニックでしたが、2区にも同様に日本語対応してくれるクリニックがあります。
ホーチミンで体調を崩したら安心の日本語対応もできる、ファミリーメディカル病院がおすすめです!

《詳細情報》
名称:Family Medical Practice
TEL: (028)3822-1919 (日本語可)
営業時間:平日8:00am~7:00pm / 土曜8:30am~4:30pm
ホームページ:http://www.vietnammedicalpractice.com/ja/
住所:Diamond Plaza, 34 Le Duan, Dist1
posted by TNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 16:56 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: