2019年02月27日

リゾート特集!ホーチミンから気軽に行けるリゾートムイネーとフークイ島を実体験からご紹介致します。

muine 4.jpgmuine pic 2.jpg

こんにちわ!!!
TNKトラベルのホーチミン支店の三好です。

前回に引き続き、リゾート特集を紹介して参ります。
今回紹介するのは、ベトナム南部のムイネーという場所となります。

ベトナムのムイネーは、ベトナムの中で一番リゾートが多い場所と言われている場所になります。 
ホーチミンからバスで約5時間かかり、約250kmの距離となります。(列車でも約5時間となります。) リゾート地でありながら、空港はなく、バスと列車が唯一の移動手段となります。

今回は、下記の3つの順番に説明して行きます。

@ホーチミンからのバスの紹介
Aリゾート地 ムイネーツアー
B離島の楽園 フークイ島



<@ホーチミンからのバスの紹介>
今回使用したバスは、FUTA BUSになります!ベトナムの長時間のバスは、基本的に寝台バスとなり、大きなバスに二台寝台ベッドが3列に入っています。

4時間に1回ほどトイレ休憩をはさみ、快適に都市間を移動できます。バスによっては、WIFIも使えるバスもあり、ベトナムでは、一番安い移動手段になります。 

IMG_20180705_135006 (2) (1).jpgIMG_20190201_232614.jpg

<FUTA BUS>
行き先:ホーチミン-ムイネー間
料金: 135,000vnd (約675円)/片道
乗車時間:約5時間
トイレ休憩:1回

<Aリゾート地 ムイネーツアーの紹介>
ムイネーでは、観光地が多くツアーに参加される方が多いです。 
ムイネーの観光地 フィッシングビレッジ・精の渓流(スイティエン)散策・白い砂丘・黄色い砂丘を紹介して行きます。

<参考 :TNKトラベルツアー>
ツアー名:【ホーチミン発・ムイネー/日本語ガイド】弾丸ツアー!ムイネー・サンライズ朝日観賞/サンセット夕日観賞・日帰りツアー

料金:
1-2名: $230〜
3-4名: $330〜
5-7名: $475〜
8-10名: $640〜
<フィッシングビレッジ>
こちらは、ツアーで必ず訪れる場所、フィッシングビレッジです。
漁師の方々が釣ってきた貝類や魚を集め、分類している様子が見ることができます。

ムイネー pic.jpgIMG_4970 (1) (1).jpg

ムイネーは、海の街であり、漁業が有名であり、海鮮ものが安くで楽しむことができます。早朝から、漁師の方は漁業をしており、ツアーで訪れる午前9時ごろには、ちょうど漁師が帰ってくる頃となります。


<妖精の渓流(スイティエン)散策>
ベトナム語でSUOITIEN(スイティエン)の場所は、SUOI=渓流、TIEN=妖精と翻訳することができます。こちらも地形的な理由により、風が強く山が削られ、幻想的な渓流を見ることができます。

下流から約15分ほど裸足で渓流を登って行き、美しい景色を見ることができます。 
人々は、その美しさのあまり、妖精が住む渓流と名付けました。

muine pic 2.jpgムイネー 5.jpg

ツアーでも訪れる場所ではありますが、個人でも訪れることができる場所となっています。
入場料は、1人1万ドン(約50円)となります。


最後に、白い砂丘と黄色い砂丘と呼ばれる砂漠地帯を紹介します。ムイネーは、風が強く何年前にも渡る気候で、石が砂になったと言われています。 

白い砂丘と呼ばれるホワイトサンデューンは、ムイネーからは約30キロの道にあります。この広大な砂漠をバギーで駆け巡るのが話題となり、人気のアクティビティとなっています。

muine 4.jpgムイネー 9.jpg

白い砂丘であり、砂丘の高低差は、約10mほどとなり、リアルな砂漠を体験することができます。 
ムイネーでは、ここで、朝日鑑賞や夕日鑑賞が人気なツアーとなり、気球から見る夕日などもオプションとして楽しむことができます。


下記の写真が黄色い砂丘と呼ばれレッドサンデューンと呼ばれています。
ムイネーから約25km離れている場所となり、白い砂丘とセットでツアーで訪れる場所となります。

ムイネー 8.jpgムイネー6.jpg

砂漠の特徴は、色が黄色であり、記念撮影にもってこいの場所となります。
ソリは、約6万ドン(約300円)などでレンタルが可能で、子供たちの遊び場になっており、広大な砂漠でソリで遊んでいる様子が見て取れます。


<B離島の楽園 フークイ島の紹介>
フークイ島は、ムイネーの隣の町、PHAN THIET(ファンテェット)港から約120km離れた島となります。 
島への移動手段は、フェリーのみとなり、2時間半のフェーリーは、350,000vnd(約1,750円)/片道。4時間半のフェリーは、250,000vnd(約1,250円)/片道となります。


外国人観光客はまだ少なく、島に行くには通行証明書が必要となります。
証明書の発行手続きは、フェリーがあるファンティットの港にて手続き致します。

IMG_20190202_073159 (1) (1).jpgIMG_20190202_080213.jpg

ファンティットの港には、通行証明書を発行するオフィスがあり、外国人の方はここで2日または、3日かけて発行手続きが必要となります。

港での手続きの場合、発券料金は、240,000vnd(約1,000円)、旅行会社手続きの場合は、約800,000vnd(約4,000円)となります。ムイネー旅行会社に頼めば、1日または2日にて発行が可能です。

IMG_20190202_143809.jpgIMG_20190203_064642 (1).jpg

フークイの島は、まだ観光地はされていない島となります。 
島の自然がそのまま残っており、チエウズオンビーチ(Bai Trieu Duong)お寺のリンソン寺が有名です。

島内は、1時間ほどでバイクで回ることができ、ベトナムの離島をぜひ体験したい方にオススメな島です。あと5年後には、空港ができ、観光整備が本格的に行われると予想できます!

以上となります!
ホーチミンに来られた際は、ぜひムイネーまで足を運んでくださいませ! 





posted by TNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 00:38 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。