2016年03月07日

ホーチミンから陸路で国境を越え、シェムリアップへ行ってみた!Vo.3 〜番外編。その先のバンコクへ

みなさま
シンチャオでございます。

今年の目標は、たるんだお腹をへこまし腹筋を作るスタッフNです( ´・ω・)ノ

こんにちは。
今日もホーチミンは暑いです。
大学生までは腹筋がありましたが、ベトナムにきてからお腹が。。。

さて今回は前回紹介をした、
ホーチミンからシェムリアップへバスで移動した時の様子を紹介しますが、
今回はその番外編です!
シェムリアップから先のバンコクまでの様子を紹介します。
では番外編を紹介していきます!!

またも懲りずにバスです!!


今回利用したバス:Hang Tep Bus
出発時間:2:00 AM発
集合時間:1:00 AM お泊まりのホテルにお迎えに上がります

1) 1:00 AM 宿泊のホテルのロビーにてバス待機
基本的にシェムリアップのバス会社はどこもフリーの
ピックアップサービスが付いているので、利用しない手はないですね!

2) 1:50 AM頃 ミニバスにてお迎えが到着。
その後、他のご旅行者をピックアップしつつ、乗客が整い次第、
国境のポイペトに向けて出発。
お迎え時間は1:00 AM〜なので、実に50分ほど待ちました。。。。
30分経つってもお迎えが来なければホテルのフロントの人に
電話をしてもらいましょう。

3) 6:30 AM頃 国境の町ポイペトに到着。 目印用の赤いシールをもらい、自力で国境越え。
ポイペトに到着すると、スタッフの案内に従って下車していきます。

phpThumb_generated_thumbnailjpg.jpg

乗ってきたミニバスです。

2.jpg

左側2席、通路を挟んで右側1席の全25席です。

下車する際に赤いシールをもらいます。
※こちらのシールが国境越えをした際に案内される目印となるので、紛失しないように気をつけてください!

4.jpg

カンボジア側の出国手続きを終え、移動中です。

5.jpg

ポイペトはカジノで有名な街でもあるので、
タイ側との国境の間にもいくつかのカジノが有ります。

6.jpg

タイ側の国境が見えてきます。

7.jpg

左側の道を通ります。現地人はお金をココで支払って整理券を
入手しますが、旅行者はスルーでOKです。
道なりに進んでいくと、タイの出入国カードをもらいます。

8.jpg

そのまま2階へと進み、ここで入国カードを記載します。

4) 8:30 AM頃 国境越えに約2時間。タイ側のアランプラヤテートにたどり着き、
道なりに進むと、スタッフに声かけられ、
目印の赤いシールを貼った他のご旅行者と一緒になる。
イミグレーションの部分は写真撮影が禁止されているため、
写真がありませんが、基本的には空港で行う入国手続きと一緒です。

9.jpg

無事タイ側の入国手続きを終えたら、道なりにまっすぐ進んでいきます。

10.jpg

しばらく進んでいくと、タイ側の方にいるスタッフに話しかけられます。

11.jpg

13.jpg

コーヒーショップなどが立ち並んでおり、他の旅行者を待っている間に購入することも可能です。

14.jpg

5) 9:00 AM頃 休憩所にてバンコク行きのミニバンが来るまで待機。
国境から10分程度の場所にある休憩所で、
バンコク行きのミニバンが来るのを待ちます。

15.jpg

国境から休憩所まではこの車できました。

16.jpg

休憩所です。
すでに何人かの旅行者が待機しておりました。
休憩の中には食堂があるので食事をとることができますが、
タイバーツの利用となりますのでご注意を。

6)9:30 AM ミニバンに搭乗。バンコクへ向けて出発。
30分ほど待った所で、ミニバンが到着です。

18.jpg

乗客が多く、荷物も詰め込むためなかなかの狭さです。。
バンコクまでの辛抱です。

7) 11:30 AM ガソリンスタンドに到着。
コンビニなどもあるので、水などを購入可能。
2時間ほどバンコクに向けて出発した途中でトイレ休憩。

19.jpg

あ!
懐かしのセブイレや!!
(関西ではセブンイレブンのことをセブイレと言います)


8) 1:00 PM バンコク市内に到着。
カオサン通り近く。お疲れ様でした(^o^)

国境から4時間。ようやくバンコク市内に到着です。
いかがでしょうか?
今回はバンコク移動へのレポートでした!
ではまた!

最近は航空券もエクスペディア使ってます。
Expedia


↓にほんブログ村ランキング参加中★
 1日1ポチっと協力お願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
!!ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
  http://www.tnkjapan.com/

※詳細・お申し込みはこちら
【ホーチミン1番人気ツアー★メコンデルタ日帰りツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn001_mekong
メコンデルタツアー解散時には集合写真も撮影してます→→→笑顔系で
【ベトナム戦争を知るなら☆クチトンネル半日ツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn012_cuchi_half
【サイゴン川でゆったりディナークルーズ送迎付き】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn061_dinner_cruise
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
ベトナム・ハノイ情報はこちらから
http://ameblo.jp/aptjapanhn5
ベトナム・中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報はこちらから
http://tnkhoian.seesaa.net
カンボジア・シェムリアップ情報はこちらから
http://tnkjapanangkor.hatenablog.com
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
posted by 旅ぷらTNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 12:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

ホーチミンから陸路で国境を越え、シェムリアップへ行ってみた!Vo.2 〜悪路の国道6号線を進む 

みなさま!
シンチャオでございます。
最近のマイブームはBooking.comを見るスタッフNです( ´・ω・)ノ
ああ。旅がしたい。。

こんにちは。
今日もホーチミンは暑いです。

さて今回は前回の続きで、ホーチミンからシェムリアップへバスで移動した時の様子を紹介します。
前回の記事はこちらです。
↓↓↓
http://tnktraveljapan.seesaa.net/article/434590528.html

ホーチミンからのバスは14:00頃にプノンペンのバスオフィスに到着します。
30分程の休憩を経て、シェムリアップ行きのバスに乗り換えをします。


14:30頃 シェムリアップに向けて出発

ホーチミンを出発した時と同じく水一本とパンが入った箱を受け取ります。
シェムリアップまでの道のりは、これまでの舗装されていた道とは異なり悪路がほとんど。。。

Mekong Express (1).jpg

道によっては土がむき出しだったり、おしりが浮くほどデコボコ道だったり、
土煙がひどかったりと様々です。
これはシェムリアップまで長い闘いになりそうだ。。


時々、お尻に会心の一撃が!!!


そして車同士のすれ違いざまはドキドキでした。
恐るべしカンボジア。

Mekong Express (3).jpg

何もないカンボジアの田園風景をひたすら進んでいきます。

18:30頃 トイレ休憩でカンポントムに立ち寄ります。

ホーチミンからプノンペンまでの間に挟んだ休憩と同じ要領で20分ほどの休憩を取ります。
もちろん食事も出来ますよ!

Mekong Express (2).jpg

美味しいんだけど$5とはなかなかのお値段。。。。
強気ですね。
Mekong Express。。。

そして休憩が終わればあとはシェムリアップに向かうだけです。
街灯がない暗い国道6号線をひたすら西へ進みます。

21:30 シェムリアップに到着



あたりがすっかり暗くなったころ、ようやくシェムリアップへ到着です。
市内から少し離れたバスオフィスに到着ですが、
あたりにはトゥクトゥクドライバーが複数おりますので、
料金交渉で市内のホテルやゲストハウスまで移動します。

大体$3-$5が相場です。


いかがでしたでしょうか?
ホーチミン→プノンペン→シェムリアップへと陸路移動をお考えの人にとって
ご参考となれば幸いです。

最後に総移動時間の目安を記載しようと思います。

ホーチミン→プノンペン 6時間30分
プノンペン→シェムリアップ 7時間

そして最後に思う。

もうしばらくバスでの移動はこりごりだと。。。。

飛行機ならたったの1時間で移動できますよ!笑

またホーチミン〜シェムリアップのバスは旅ぷらでも手配できます!

お問い合わせはこちらから。info@tnkjapan.com

料金:$26
出発時間:07:00
集合時間:06:30(275F Pham Ngu Lao(Mekong Express Busオフィス)



座席タイプ:座席
※一度プノンペンで乗り換え


最近は航空券もエクスペディア使ってます。
Expedia


↓にほんブログ村ランキング参加中★
 1日1ポチっと協力お願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
!!ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
  http://www.tnkjapan.com/

※詳細・お申し込みはこちら
【ホーチミン1番人気ツアー★メコンデルタ日帰りツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn001_mekong
メコンデルタツアー解散時には集合写真も撮影してます→→→笑顔系で
【ベトナム戦争を知るなら☆クチトンネル半日ツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn012_cuchi_half
【サイゴン川でゆったりディナークルーズ送迎付き】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn061_dinner_cruise
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
ベトナム・ハノイ情報はこちらから
http://ameblo.jp/aptjapanhn5
ベトナム・中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報はこちらから
http://tnkhoian.seesaa.net
カンボジア・シェムリアップ情報はこちらから
http://tnkjapanangkor.hatenablog.com
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
posted by 旅ぷらTNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 10:44| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

ホーチミンから陸路で国境を越え、シェムリアップへ行ってみた!Vo.1 〜国境を越えてプノンペンへ 

みなさま!
シンチャオでございます。
最近ベトナム人と間違われ、「日本語がお上手ですね」と
よく言われるスタッフNです( ´・ω・)ノ

こんにちは。
今日もホーチミンは暑いです。

さて今回は学生さん必見です!
ホーチミン〜シェムリアップ間のバス移動の様子を紹介します。
移動時間はなんと13時間!!
陸路で国境を越えたりと、イベントが満載!
そんな移動の様子を紹介していきます。

今回利用するバス会社「Mekong Express Bus」の前に集合します。
バスの出発時間は7:00です。
集合場所: 集合場所:275F Pham Ngu Lao(Mekong Express Busオフィス)
集合時間: 06:30




Mekong Express (12).jpg

バスに乗る前にバスの下に入れる荷物を預けますが、きちんとシェムリアップまで行くことを伝えます。
中間地点のプノンペンでバスがチェンジとなるので、
その関係で、預け荷物にはプノンペンまでのタグ(赤)、と
シェムリアップまでのタグ(オレンジ)のどちらかが付けられることになります。
自分の荷物に付けられたタグがオレンジ色なのを確認してから、乗車します。

Mekong Express (14).jpg

バスの外では、9月23日公園で朝から運動する現地人たちの姿が見れます。
ベトナム人は朝から元気だなー

Mekong Express (15).jpg

バス乗り場の前に必ずいるシャボン玉しか売ってないおじさん
売れているかどうかは知りません。。。。
おじさん、頑張れ!

7:00頃

乗客がそろったタイミングで、定刻通りにバスは出発します。
500mlの水1本と菓子パンが2つはいった箱を渡されます。
とりあえず、このバスで首都のプノンペンまで向かいます。

Mekong Express (1).jpg

カスタードクリームが入ったパンと、ピザトーストが入っていました。
朝食抜きでの出発でしたが、もらった水とこのパンだけでも昼ごろまではもちました!
ホーチミンから国境の町モクバイまでは2時間半ほどで着きます。

Mekong Express (7).jpg

何かと騒がしいホーチミンを抜けると、
そこはベトナムの田園地帯です。

そしてカンボジアVISAに関してです。

パスポートとカンボジアのVISA代$35をバススタッフに渡します。
その後、カンボジアのイミグレーションに必要な申請書を渡されるので
ペンがない場合はスタッフに借りて記入します。
(*カンボジアVISA代は通常$30ですが、バス移動の際は手数料として+$5がかかります。)

Mekong Express (11).jpg

9:30 頃

大体2時間半ほどかかって、カンボジアとの国境である街モックバイ(ベトナム側)/
バベット(カンボジア側)に到着します。

大きく分けて2回作業があります。

・ベトナム側

バスを降り、施設内のイミグレーションまで向かいます。
バススタッフがイミグレーションにて、乗客のパスポートを
イミグレーションのスタッフに渡しているので、自分の名前が呼ばれるのを待ちます。

Mekong Express (8).jpg

Mekong Express (9).jpg

自分の名前が呼ばれたら、パスポートを受け取りそのまま前に進みます。
施設の外にでる前に、警備員がいますので、パスポートを渡して確認してもらいます。
外に出たら、バスに戻ります。バスに乗る前にバススタッフに再びパスポートをお渡します。
その後カンボジア側のイミグレーションを超えるための説明を受けます。

(*ベトナムとカンボジアの国境を歩いて渡りたいという人は要注意。
通常はバスにのっている時に超えます。どうしても…という場合はバスに乗る前にきちんとバススタッフに確認しましょう。)


・カンボジア側

カンボジア側のイミグレーションでは主に、指紋や顔写真を取られます。
施設内に入ったら、バススタッフから書類とパスポートを受け取り、順番に前へと進みます。
英語で指示を受けるのでそのまま従ってください。
再び外にでるので、再度バスへ戻りましょう。

そしてめでたくカンボジアに入国です!!

Mekong Express (13).jpg

10:40頃 休憩所にて20分ほど、トイレ休憩を致します。

Mekong Express (6).jpg

レバニラ炒め $2!
味は。。。。
むむむ。。。。

そして、12:30
ついに!!

Mekong Express (16).jpg

ついに見えました!つばさ橋!!!!!!!!

2004年のプロジェクト開始から、10年かかりようやく完成いたしました。
建設の最中には不発弾による爆発事故が生じたりなど、
様々な紆余曲折があったみたいですが、
これまで使用されていたフェリーにかわりメコン川の人々の生活をより便利に、
そして国内外の物流をより活発にし、経済的にも大きく良い影響をあたえることになるでしょう。
これでホーチミン〜プノンペン〜バンコクが1本の道となりました。
今後の東南アジア経済に大きく影響を及ぼしそうですね!

Mekong Express (5).jpg

Mekong Express (4).jpg

対岸まで橋をわたるのにかかった時間は何と10分ほど。
以前まではフェリーを使っていたので、大幅な時間短縮です!

Mekong Express (2).jpg

Mekong Express (3).jpg

以前まではバスを船に乗せて対岸まで移動をしていました。
そんなイベントを経て。。。


13:30 頃 プノンペンへに到着

今回はシェムリアップまで向かいますので、僕にとっては中間地点になるわけですが、
Mekong Express のプノンペンオフィスはカフェや軽食が食べられたりして、
中々充実しておりました。

Mekong Express (10).jpg

預けたバスの荷物はスタッフがきちんとシェムリアップ行きのバスに積んでくれるので、
わざわざ取りに行く必要はないです。

そして少しの休憩を終えて、次はシェムリアップまで移動です!
その様子は次回で!
乞うご期待を!

最近は航空券もエクスペディア使ってます。
Expedia


↓にほんブログ村ランキング参加中★
 1日1ポチっと協力お願いします!!
にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
!!ツアーご予約・お問い合わせ受付中!!
HP: 旅ぷらTNKトラベルホームページ
  http://www.tnkjapan.com/

※詳細・お申し込みはこちら
【ホーチミン1番人気ツアー★メコンデルタ日帰りツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn001_mekong
メコンデルタツアー解散時には集合写真も撮影してます→→→笑顔系で
【ベトナム戦争を知るなら☆クチトンネル半日ツアー】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn012_cuchi_half
【サイゴン川でゆったりディナークルーズ送迎付き】
http://www.tnkjapan.com/tours/sgn061_dinner_cruise
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
ベトナム・ハノイ情報はこちらから
http://ameblo.jp/aptjapanhn5
ベトナム・中部(フエ/ダナン/ホイアン)情報はこちらから
http://tnkhoian.seesaa.net
カンボジア・シェムリアップ情報はこちらから
http://tnkjapanangkor.hatenablog.com
☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
posted by 旅ぷらTNKトラベルJAPANホーチミン支店 at 10:40| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする